昭和41年度人名電話帳(下)と1962年度住宅地図世田谷東部にはその名が在った、国会図書館蔵書。

この連休から物事に凝る様に自分の過去に印象の強かった世田谷若林のバス通り代田中筋バス停近くに在った川合学習塾での同学年の人の今は、代田その場所も定かではなく、家も建て代わり景観が違い確か坂のある道にある家と想うところで、調べたら50年前の住宅地図にあった、46年前の電話帳にもその父親の名前と想うが在った、そこまで確認できた事だけでも気が晴れてきた、ただ現在は電話登録も無く住所に名前もなく何時転居したか、転居先は分からず、昔の地図では家が3件並んでいたが今は5件並んでいるけどそんなに大きな家だったかと想うがその記憶は定かではなく、当人に於いては当時の俺の事なんかそれ程思ってなかったので迷惑な事に成るかなぁ~、その他にも太子堂の方では同じ学習塾で同じ学年の人も20代はじめは電話もしてたがその後忘れ去り思い出した今は行方知れず、また同じく旧太子堂町58番地1件向こう隣の太子堂小学校と太子堂中学2年までの同窓生オサム君は今は何処へか転居先不明生死不明、自分は中学2年迄で板橋区上板橋へ転居転校してしまい、今、連絡の付く同窓生に聞いても本人も他県に自宅を構え母親が実家に居て、時折戻るだけだから付き合いも無いだろうしなぁ~まあでも、自分史のこれからのお楽しみとなる、暇見て、のんびり、51年以上の昔を迷惑の掛からないように訪ね歩こう、(学習塾の帰りだったのか一度帰宅してから集まってからかは記憶に無いが夜5人ほど太子堂中学自分を含め3人、若林中学1人、山崎中学1人で暗い空き地で鬼ごっこを始めてからしばらくすると怖そうなお兄さん二人が現れて中学2年の自分達は夜の恐怖を感じ太子堂中学の勇気のある1人が残り話しをした様子(この空き地の持ち主か管理している会社の人だったらしいことを後から聞いた)自分は表の通りを走って逃げ始めずうっと前を誰か走っているので追いつくと若林中学の同学年生でそのずうっと先を走っているのは誰か聞くと、自分と同じ太子堂中学2年の女好きの性の目覚めの早い人で今度はその人をも追い抜き、どんどん逃げちゃった、懐かしい記憶も蘇える)人生の峠に立ち、今まで来た道を振り返れば、いつの間にか悠久の時間が過ぎ去り幼き顔ぶれも懐かしい思い出してもおぼろげな記憶の中の心地好さ。
画像
画像
画像
画像
画像
画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック