法事のお布施などの金額は気持ちで始まりいくらでも善い





一生インフルエンザにかからない体質の作り方
フォレスト出版
村上 一裕

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 一生インフルエンザにかからない体質の作り方 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



目玉焼きリングセット 君のトリコ
アーネスト株式会社

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 目玉焼きリングセット 君のトリコ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ザ・グレイテスト・ヒッツ
アリスタジャパン
ホイットニー・ヒューストン

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ザ・グレイテスト・ヒッツ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



幻想水滸伝 紡がれし百年の時
コナミデジタルエンタテインメント

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 幻想水滸伝 紡がれし百年の時 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

法事で寺に渡す金額などいくらでも好いのが相場で、まあ坊さんの衣装のクリーニング代、其れもかけ持ちだから安くて良い、他焼香代まぁ100円ぐらいかな全部で3000円も在れば寺はペイできるが他に本尊への上納金も在るのかもな、、そんなこんなで親の13回忌でも自分一人しか居なくても、それでやっても1万円も出せば充分。


寺に聴いても気持ちですと金額は言わない、だからと言って山手線の運賃みたいな金額ですますのは控えよう

いくらが相場だなどとの話は無視する事だ、またそんな事言う寺や坊主ならば一括してやれば善い

本来坊主とは乞食が基本で仏教の釈迦も生涯を乞食で通した人、檀家の持ってくる米や大根、魚などで暮らし

檀家の為に貧乏ながら寺を預かり生涯を仏に奉仕して贅沢はご法度。

"法事のお布施などの金額は気持ちで始まりいくらでも善い" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント